×

CATEGORY

HOME»  熱帯魚»  ハイフェソブリコン ヘリアクス Hyphessobrycon heliacus カチンボ産

ハイフェソブリコン ヘリアクス Hyphessobrycon heliacus カチンボ産

 WILDニューキティーテトラ

NEW

  • ハイフェソブリコン ヘリアクス Hyphessobrycon heliacus カチンボ産

  • 販売価格

    3,080円(税込)

  • 在庫

    5匹

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 分布:ブラジル パラ州 タパジョス川水系
    産地:カチンボ産
    販売全長:2cm程
    最大全長:4cm程 
    水質:弱酸性~中性
    水温:24~28℃
    エサ:イトメ、冷凍赤虫、人工飼料など
  • ブリード個体と一緒にしないで下さい!
    こちらもカチンボ山地から来ています。

    カシンボというのは、
    Springs Biological Reserve of Serra do Cachimbo(ナセンテスダセラドカチンボ生物保護区)のことで、正確にはカチンボと言います。
    この山地の湧水がタパジョス川やシングー川の支流を形成しています。

    インボイスではHy.モニリガーでしたが、モニリガーの産地はトカンチンス盆地です。
    テレスピレス川にもいるようなので、もしかするとインボイス通りモニリガーかもしれませんが、赤目ですしなんだか違うようにも思えます。

    ノーマルのキティテトラHy.loweaeはシングー川水系に生息していて、ニューキティHy.heliacusはタパジョス川水系に生息しています。
    カチンボ山地の湧水はどちらの川も形成しているので、判断は難しいですが、尾筒の黒点の範囲が狭いので本種で良いと思います。

    本種は成長に伴い、黄色みを帯びて、鰭も伸長します!
    キティテトラHy.loweaeよりも背鰭、腹鰭が伸び、鰭も黄色くなります。
    Hy.loweaeの鰭は白っぽいままです。

    成長させて、その違いを実感して下さい。
    ブリード個体は両者の特徴が混ざっているので、本物をお楽しみください。



    (文/カカム)

     

関連商品