×

CATEGORY

HOME»  熱帯魚»  アピストグラマ sp.マラヴィーリャ Apistogramma sp. ペア

アピストグラマ sp.マラヴィーリャ Apistogramma sp. ペア

 日本初上陸!!新種のアピスト!!

NEW

  • アピストグラマ sp.マラヴィーリャ Apistogramma sp. ペア

  • 販売価格

    88,000円(税込)

  • 在庫

    1ペア

  • 購入数

    ペア

カートに入れる(大)

  • 分布:ブラジル ネグロ水系
    産地:マラヴィーリャ産
    販売全長:オス5〜5.5cm程 メス3〜4cm程
    最大全長:オスcm程 メスcm程
    寿命:2〜3年程
    水質:弱酸性~中性
    水温:24~28℃
    エサ:イトメ、冷凍赤虫、人工飼料など

  • 早くも産みそうです!カップリングは成功して、アピールし合っています。
    日本初になるのはあなたです。

    2020年6月新着のアピスト!
    色んな情報筋から産地が分かりました。
    ネグロ水系のマラヴィーリャです。ノボアイロンの近く!
    下の当初の説明文はそのままにしています。

    https://www.google.com/maps/place/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%AB+%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%82%BE%E3%83%8A%E3%82%B9+%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%B9+%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%A3/@-2.5116539,-60.77979,12z/data=!4m2!3m1!1s0x926d11dd0efff667:0xba306349ce570338?hl=ja-JP&gl=jp



    本気のトップセレクションです。

    最初は新種で、高いから買う気はあまりなかったです。
    でも、実際に見たら凄いんです!

    こちらはまず、完品を選びました。

    この背鰭バサバサ系は背鰭が完品か否かが1番重要です!!中には欠けているのも沢山いました。
    そしてあとは、発色と体型ですね。
    背鰭の発色、尾鰭の独特な柄と色もハッキリしています。

    こちらの頬は赤っぽい個体です。
    問屋ではオレンジ系の顔をしていました。
    この個体のみ顔にハッキリ特徴がありました。
    更に色は上がります!!実際に、上がってきていますので、画像アップしました!

    もちろん、メスも完品です!

    写真は更新します!

    メスの特徴としては臀鰭に柄がなくオレンジです。
    背鰭も第1.2条が尖り、あとは平らな感じなので、メスと判断しました。

    情報が少なくて、一体どこから来たのかハッキリしていませんが、わかり次第お伝えしたいと思います。

    マナウス便で来たことは確かな事です。
    マラヴィーリャはブラジルには2カ所程地域名としてすぐ見つかりますが、マナウスから離れすぎています。
    だから、実際にどこのマラヴィーリャなのかわかりませんし、マラヴィーリャはポルトガル語で素晴らしいという意味なので、ロカリティを表すマラヴィーリャでは無いかもしれません。
    本当にまだ分かりません。

    ちなみに、混じりとして、ディプロタエニア、ペルテンシス、ビタエニアータがいました。
    余計に何水系から来たのか分からなくてなりました。
    現地の問屋で混じったのかもしれません。

    今回3ペア抜きましたが、他の個体はまずまずといったところでした。
    数はそこそこいましたが、小さい個体が半数をしめていたので、ペア判別出来るまでに時間がかかるのと、鰭ボロになる恐れがあるので、欲しい人は今買ってください。

    万が一メスがオスだった場合は保証します。追加でメスを仕入れます。

    確実に今後の成長が楽しみな魚です。

    メスに対しても当たりは強くない印象です。

    また画像アップします。


    こちらの個体はネット販売のみなので、気になる方はお問い合わせ下さい。





    ​(文/カカム)

関連商品