×

CATEGORY

HOME»  水草・水生植物»  ミミモチシダ(フィジアンウォーターファン) Acrostichum aureum

ミミモチシダ(フィジアンウォーターファン) Acrostichum aureum

 日本では石垣島、西表島、与那国島に分布する従マングローブ植物​

NEW

  • ミミモチシダ(フィジアンウォーターファン) Acrostichum aureum

  • 販売価格

    2,750円(税込)

  • 在庫

    2鉢

  • 購入数

カートに入れる(大)


  • 世界の熱帯域に分布する従マングローブ植物のシダ植物
    日本では石垣島、西表島、与那国島に分布する
    産地:サムットプラーカーン県産
    別名「フィジアンウォーターファン」
    学名、産地、分布が記されたイエローラベル付


     
  •  バンコクの都市からメインリバーのチャオプラヤー川を下ってタイランド湾に出ると宅地や工業地帯といった開発され尽くされたと思われる地域にも所々に用水路や水はけの悪い箇所が残る。河口西部はエビの養殖池の他、塩田やホームセンターの駐車場規模のニッパヤシ林をみることができ、バイパスに分断された内側にはそこが以前マングローブデルタであったことを証明するようにマヤプシキやフェニックス・パルドサといったマングローブ植物が放棄された土地には必ずと言っていいほど雑草のように生えている。
     
     今回入荷したミミモチシダはその東部にあたるサムットプラーカーン県の海沿いを走る国道脇のドブ川で採取した個体。
    地域生き残り型の真の在来種である。
     

     写真右奥の木本がマヤプシキ。中央のヤシ群落がフェニックス・パルドサ。
    その手前に繁茂しているのがミミモチシダ。その他、細枝でダラーンとしたサキシマハマボウも多くみられる。これがチャオプラヤー川河口マングローブデルタの本来の姿。
    アスファルト道路からの撮影で、背中側では大型トラックがバンバン通り過ぎる。水深10cmの湿地帯で、電信柱はその中に立てられているが底なしのズブズブ状態で容易に近づくことはできない。

    (文/代表) 
     
    商品サイズ
     
    鉢径 : 約7cm
    鉢高 : 約10cm
    植物の横幅: 約5~10cm
    鉢底からの高さ:約12~20cm
    ※生長度合いにより大きさは異なります。画像は目安としてご覧下さい。
    置き場所 育成には明るく暖かく高湿な環境が必要です。(18℃以上)
    注意 撮影時の商品画像と異なる場合がございます。
    ご了承の上お買い求めください。



    ※画像はイメージです。実際と色、形状等異なる場合があります。
    ※店頭販売もしておりますので、更新が間に合わずに在庫数が異なる場合があります。
    ※在庫切れの表示でも、在庫がある場合もあります。お気軽にお問い合わせください。


     

関連商品